城桧吏は歌上手い?歌声や歌唱力の評価は!

「グッド・ドクター」で披露した歌声が上手い!と話題の城桧吏くんですが、演技だけでなく歌唱力にも注目が集まっているようです!

 

子役として演技力も上手いと絶賛される城桧吏くんの、歌声や歌唱力の評価やプライベートな部分についてもまとめてみたいと思います!

Sponsored Link
 

城桧吏の読み方や年齢は

子役として大活躍中の城桧吏くんですが、名前の読み方が難しいですよね?名前だけ見ると性別も少し迷ってしまう気がします。

 

城桧吏くんの読み方は「じょう かいり」です。

 

 

2006年9月6日生まれなので、2018年で12歳になります。まだ小学6年生なのですね!

城桧吏は歌上手い?

城桧吏くんといえば子役?というイメージが強いですが、歌が上手い?とも言われているようなのです。

 

なぜ歌に注目が集まったのかというとドラマ「グッドドクター」の5話で天才ボーイソプラノ歌手という役柄だったからのようです。

子役以外にも「スタメンKiDS」というユニットのメンバーとして活躍していて歌やダンスをやっていることもあって、城桧吏くんは歌が上手い?と気になっている人も多いようです。

Sponsored Link

城桧吏の歌声や歌唱力の評価は!

ドラマでの役作りとして実際にオペラ歌手から指導を受けたりしていた城桧吏くんの歌声や歌唱力もかなり評価が高いようです!

 

ダンスを得意としていて「スタメンKiDS」でのダンスにも注目が集まっています。歌えて踊れて美少年!というところがいいですよね!

普段とは違うオペラに挑戦したところもすごい!という意見もありました。

城桧吏のグッドドクターの演技力は

「万引き家族」で城桧吏くんを知ったという方も多いかもしれませんが、城桧吏くんにとって「グッドドクター」が地上波初のドラマ出演だったのです。

 

「グッドドクター」の第5話に出演した城桧吏くんは難病と闘う天才ソプラの歌手、羽山響役です。

山崎賢人さん主演の「グッドドクター」で山崎賢人さんと初共演をできてうれしかったと話していた城桧吏くん。

 

撮影現場ではスタッフの方も歌ってくれたりして緊張がほぐれたことも明かしています。

 

 

演技力についても定評があり、将来的にも期待できそうと言われているようです!

 

ネットでも美少年で歌が上手いだけでなく演技もすごい!という声が多かったです。まだ小学6年生という年齢にびっくりする方もいます。

Sponsored Link

城桧吏が子役として人気の理由は

城桧吏くんが子役として人気があるのはどうしてなのでしょうか?もちろん見た目がかなりかわいい、美少年ということも理由の一つかもしれません。

 

 

映画「万引き家族」に出演したことで大注目されるようになった城桧吏くんですが、

 

この作品はカンヌ国際映画祭でパルムドール賞を受賞したことから海外からも期待されていることも理由の一つのようです。

2004年に「誰も知らない」で柳楽優弥さんが日本人初の男優賞を受賞していて、城桧吏くんも第二の柳楽優弥さんみたいになるのでは?という声も多くあります。

 

 

出演作品もまだ少ない中で「万引き家族」での演技が高く評価されたこともあり、人気子役となったのではないでしょうか。

 

また観察力に優れていて撮影現場での人間関係などもすぐに覚えてしまうなど、小学6年生とは思えない観察力なども評価されているようです。

 

 

「万引き家族」に出演した際には監督からも天真爛漫で幼く見えるのに、いざ撮影となってカメラを通してみるとすごく色気がある。

 

という評価もあったのでギャップも人気の秘密ではないでしょうか。

城桧吏の身長・体重は

城桧吏くんは2018年で12歳なのでまだまだ育ち盛りだと思いますが、身長・体重は非公開のようで情報が見つかりませんでした。

 

 

小学6年生の男子の平均身長を見てみると150cm~155cmぐらいということなので、推測ですが150cm台だと思います。

 

体重についても調べてみましたが、平均体重は37kg~40kg台前半だという情報があります。

 

城桧吏くんは小柄に見えるので恐らく30kg台後半ぐらいではないでしょうか?

 

 

男子の身長が伸びるピークはだいたい中学1年生の頃に来るそうで、一年間に10cmぐらい伸びる人もいるそうです。城桧吏くんもこれからどんどん伸びていく可能性は十分にありますよね。

城桧吏の本名や小学校はどこ

名前が難しい城桧吏くんですが、調べたところどうやら本名だという情報が有力のようです。子役の方は本名で活動する場合が多いですよね。

 

 

名前の由来についても調べてみましたが、桧は訓読みだと「ひのき」で日本家屋には欠かせない高級な木ということから、名前につける場合は強いとか和を感じさせる名前になると言われているようです。

吏という漢字もそんなに頻繁に見る漢字ではないですよね。この漢字は「社会に貢献できる人になってほしい」という願いなどが込められている漢字なのだそうです。

 

 

城桧吏くんのご両親がどういった願いなどを込めて名前をつけたのかはわかりませんが、漢字の意味からすると強く社会に貢献できる人になってほしいという素晴らしい意味が込められているのだと推測できます。

 

 

 

城桧吏くんが以前インタビューで名前の由来について「響きがかわいいと思ったかららしい」と話していましたが、響き以外にも何か意味があるのではないでしょうか。

城桧吏くんが生まれた2006年に人気があった男の子の名前は大翔(ひろと)、翔太、陸などでした。

 

 

城桧吏くんのクラスメートには「かいり」という名前の男の子がもう一人いるそうなので、かいりという名前もわりと人気がある名前なのかもしれませんね。

 

 

 

小学校についても気になりますが、残念ながら情報は出てきていません。東京出身なので都内の小学校に通っていると思いますが、7歳のときから芸能活動を始めています。

 

 

中学校についても地元の公立に進学するのか、もしかすると芸能活動をしやすい日出中学校など私立に進学する可能性もあるのではと言われているようです。

 

「万引き家族」に出演した際には学校の通学路で下級生から声をかけられたり、友達が泣いたと言ってくれたことや、担任の先生が優しく疲れていないか気遣ってくれたことなどをインタビューで明かしています。

 

 

 

ただ城桧吏くん本人はあまり気を使われたくない、普通の学生生活を送りたいと思っているようです。

 

 

学校での好きな科目は体育で、短距離走が得意だという情報もあります。ペン回しを練習しているというところなどは普通の小学生ですよね。

Sponsored Link

城桧吏の経歴・プロフィール

城桧吏(じょうかいり)

 

東京都出身

2006年9月6日生まれ

スターダストプロモーション製作2部所属

 

 

芸能界には7歳のときにスカウトされたことがきっかけで入ることになりました。

 

映画での活躍から子役のイメージがとても強いのですが、スタメンKiDSというグループのメンバーとして歌や踊りでも活躍しています。

スタメンKiDSとしての活動は池袋や大宮、三浦海岸などでイベントにも参加したり、抽選会なども行っています。

 

 

映画「万引き家族」のイメージが強い城桧吏くんですが、2017年のドラマ「僕だけがいない街」の杉田広美役、2018年公開の映画「となりの怪物くん」などにも出演しています。

小学6年生とは思えない素晴らしい演技力ですが、普段はゲームが好き、グミが好きといった普通の男の子です。

 

 

 

8歳下で誕生日が同じ弟さんがいるという情報もあります。地震が来たら絶対連れていきたいものという質問に弟と答えていてとてもかわいがっているそうです。

 

 

憧れている俳優はリリーフランキーさんですが、第二の柳楽優弥とも言われていることを嬉しく思っていていつか柳楽優弥さんとも共演してみたいそうです。

まとめ

天才子役、第二の柳楽優弥として大注目の城桧吏くんについてまとめてみました。

 

現在はスタメンKiDSと俳優としての活動をしていますが、将来的にはやはり俳優の道に進みたいようなので今後どんな作品に出演していくのか楽しみですよね。

 

 

歌声や歌唱力もすごいと言われている城桧吏くんなので、スタメンKiDSでも活躍してもっと歌声を披露してもらいたいと思います。

 

まだまだこれから成長していく城桧吏くんを応援していきましょう!

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください