工藤阿須加の兄弟がダウン症?母親や家族構成は!

工藤阿須賀さんの兄弟がダウン症という噂や、母親や家族構成についてちょっと気になりますね。

 

工藤阿須加さんの兄弟はダウン症という噂は本当なのでしょうか?また母親や家族構成はどうなっているのでしょうか?

 

最近ではNHKの朝ドラ「なつぞら」にも主人公の幼馴染役で出演し、視聴者に爽やかな魅力を届けている、イケメン工藤阿須賀さんの気になる情報を早速見ていきましょう!

Sponsored Link
 

工藤阿須加の兄弟がダウン症って本当?

プロ野球の工藤公康監督を父に持つ工藤阿須賀さん。爽やかなルックスのイケメンですね。

 

そんな工藤阿須賀さんには実は兄弟がたくさんいます。阿須賀さんは長男で、下に弟が一人、妹が三人の
5人兄弟です。

 

「工藤阿須賀 兄弟」で調べると、「ダウン症」という単語がなぜかヒットしてしまいます。気になって色々調べてみた結果、ご兄弟がダウン症というのは単なるうわさのようです。

 

 

ダウン症は染色体の数の多さによって引き起こされる先天性の障害なのですが、その風貌に特徴が現れるとされています。

 

実際に工藤阿須賀さんら5人の兄弟の写真が出回っていますが、その中にダウン症のような方は見受けられません。人騒がせなたんなるネットのデマのようですね。

工藤阿須加の兄弟構成や家族構成は

前述のように、工藤阿須賀さんにはたくさんの兄弟がいます。

 

その家族構成は、工藤阿須賀さん、長女の工藤遥加さん、次女の工藤阿弥加さん、三女の阿偉さん、そして末っ子の拓也さんの4人、

 

さらに父親の工藤公康監督、母親の工藤雅子さんです。

 

 

ご兄弟の皆さんの写真はすぐに出てきますが、兄弟の中でも阿須賀さんのすぐ下の妹・遥加さんはプロゴルファーとして活躍されています。

 

 

他のご兄弟はお名前のみで何をされているのかほとんど情報はないようです。写真で見る限りは兄弟そろって仲の良さそうな素敵なご家族ですね。

 

ちなみにお父様はよく知られている福岡ダイエーソフトバンクホークスの監督、工藤公康さん。

 

 

お母様は工藤雅子さんというお名前で、栄養士をされていた一般の方のようです。才色兼備な家族構成ですよね。

Sponsored Link

工藤阿須加の妹はゴルファー

工藤阿須賀さんの妹は3人いるのですが、その中でも阿須賀さんのすぐ下、長女にあたる工藤遥加さんは現役のプロゴルファーです。

 

身長は171センチ。長身で恵まれた体格です。

 

 

12歳でゴルフをはじめ、2011年7月にはプロテスト最終日で驚異的に記録を伸ばし、順位を48位から9位まで上げ、見事に合格を果たしたそうです。

 

 

強烈なドライバーショットは平均飛距離260ヤード超という、将来が有望な選手のようです。父親ゆずりの高い身体能力の持ち主なんですね。

 

お写真はショートカットが良く似合う笑顔美人といった感じで、母親の雅子さんによく似ていらっしゃるようです。

工藤阿須加の母親・工藤雅子はどん人?

工藤阿須賀さんの母親、工藤雅子さんは、明るいはつらつとした美人の方です。元ミス水戸にも選ばれたという美貌は今も衰えていませんね。

 

元々栄養士の仕事をされていたという雅子さん。雅子さんと、父親工藤公康監督が結婚されたころ、公康さんは成績が不振でとても苦しんでいたそうです。

 

その原因は不摂生。酒を飲んで生活が荒れていたことで、身体も壊していたとか。

 

 

そんな公康さんの苦しみを、傍で見ていた妻の雅子さんは、食生活を立て直すなど献身的な努力で陰から支えていたそうです。監督が今も現役で活躍してきている裏には、そんな雅子さんの努力があったのですね。

 

 

そんな母親の雅子さんはなんと本も出版しているとか。「工藤家の元気がでる食卓」では、「とーちゃん」「かーちゃん」と呼び合う工藤家の仲睦まじさが伝わってくることでしょう。

 

一家の中に役者、野球の監督、プロゴルファー、そして栄養士がいる家庭って…。素晴らしい家族構成だと思いませんか?

Sponsored Link

工藤阿須加の目の色が変?

素敵な家族に恵まれた工藤阿須賀さんですが、「目の色が変?」と言われています。

 

アップでお顔を拝見すると…確かに典型的な黒い瞳というよりも、瞳の色が茶色がかった、緑がかった神秘的な色に見えます。

 

 

「ハーフ」や「斜視」といったキーワードも同時にヒットするのですが、工藤阿須賀さんの父親も母親も日本人ですし、ハーフではもちろんありません。

 

 

また、見た感じ斜視にも見えませんね。変というより、個性的な美しい目の色だと思われます。日本を始めとするアジアの人の瞳は、黒から茶色と言われています。

 

 

なかでもブラウンアイ、ヘーゼルアイと呼ばれる濃さが違う茶色の瞳の持ち主、それが工藤阿須賀さんなのかも知れませんね。

 

工藤阿須賀さんの瞳は薄い茶色でいわゆるヘーゼルアイと言えるでしょう。父親の工藤公康監督も、よく見ると茶色っぽい瞳の持ち主です。

工藤阿須加の大学の学部は

工藤阿須賀さんの大学の学部はどこだったのでしょうか?

 

工藤阿須賀産さんは、千葉県の東京学館浦安高校を卒業し、東京農業大学に進学します。あの大根踊りで有名な大学ですね。大学を東京農業大学に選んだ理由の一つは、高校生時代にあったようです。

 

 

無農薬・無肥料でのリンゴ作りを世界で初めて成功させ、「奇跡のリンゴ」として名を高めた青森の農家、木村秋則さんの講演を聞いたことで、農業を志そうとしたそうです。

 

 

大学時代の阿須賀さんは、高校時代からやっていたテニスに打ち込み、ダブルスで関東大学連合大会で何と優勝という輝かしい成績を打ち立てます。

 

そのままプロになるのかと思っていたようなのですが、残念なことに肩を痛め、テニスの道を断念したそうです。

 

もしかしたら、錦織圭さんと戦うような有名テニスプレーヤーとして、活躍されていたかもしれないんですね。

Sponsored Link

工藤阿須加は大学のミスターコンテストで優勝?

スポーツもでき、高身長で甘いマスクの工藤阿須賀さんを周りは放っておかないでしょう。

 

大学時代、ミスターコンテストに出場した工藤阿須賀さんは、そこで優勝したという話もあります。

 

 

「東京農業大学 ミスターコンテスト」で調べると、歴代のイケメンたちの写真を拝見することができますが、どの方も芸能人のように素敵なひとばかり。

 

 

そんな中でも工藤阿須賀さんは他とは一線を画すくらい際立っていたのでしょうね。

 

 

さらにミスターコンテストに参加するには推薦が多いとのこと。きっと大学でこの人ありと言われるほどの人気だったに違いありません。こんな素敵な人がキャンパスを歩いていたら、みな振り向いたことでしょう。

工藤阿須加のデビューのきっかけ

工藤阿須賀さんのデビューは、2012年放映のドラマ「理想の息子」です。

 

それから大河ドラマ「八重の桜」「ショムニ2013」「悪の教典」と話題の作品に次々と出演されています。

 

 

そんな工藤阿須賀さんが俳優を志したのは、19歳の時。父親の工藤公康監督から「一人の男として自分の人生を決めなさい」と言われたのが、俳優を志すきっかけになったそうです。

 

 

リンゴ農家の方のお話に感化され、東京農大へ入った工藤阿須賀さんでしたが、心のどこかに俳優へのあこがれがあったそう。

 

「父はそれを察して気づかせてくれた。」とインタビューでも話していました。

 

 

そんな工藤阿須賀さんが野球選手の役を演じた「ルーズヴェルトゲーム」では、父親の工藤公康監督が投げ方などの指導をしたともいわれていて、家族の温かいバックアップが今の躍進につながっているようです。

まとめ

最近では朝の情報番組である「ZIP!」に水曜レギュラーとして加わるなど、役者とは違う新たな魅力を見せている工藤阿須賀さん。

 

「海月姫」での眼鏡姿も麗しいエリートサラリーマンや「家を売る女」での目を疑った女装など、役ごとに全く違った役を変幻自在に演じています。

 

「兄弟がダウン症」「家族構成がすごい」など、いろいろな噂が出てしまうのも、世間が注目している証拠なのかもしれません。これからの工藤阿須賀さんの活躍が楽しみです!

Sponsored Link