池波志乃の父親は落語家で家系図が凄い?手術や病気の噂は本当?

池波志乃さんの父親が落語家で家系図が凄いそうです!また、池波志乃さんには手術や病気の噂があるのですが、本当でしょうか?

 

中尾彬さんの妻として有名ですが、父親や家系図、そして手術の噂についても詳しく調べてみたいと思います。

 

 

池波志乃さんは料理の腕もすごいそうなので、中尾彬さんにも毎日おいしいご飯を食べさせているのかもしれませんね。おしどり夫婦として有名な池波志乃さんについて、さっそく調べてみました。

Sponsored Link  
 

池波志乃の父親は落語家?

池波志乃さんの父親は、落語家の金原亭馬生さんです。

 

池波志乃という芸名は、お父さんの馬生さんがつけたといわれています。

 

 

本名は美濃部清さんといい、落語家の父を持った家庭に生まれながらも、戦時中という時節柄もあり、最初は海軍の飛行予科生を目指していたそうです。

 

 

ですが、腸の病気をしたことで人生観が代わり、軍人ではなく父と同じ落語家になりたい、と強く願ったといいます。

 

 

その後、落語家としての人生を歩み続け、人情噺などのじっくり聴かせる噺を得意とし、独自の芸風を確立しました。

 

 

昭和を代表する落語家さんのひとりですね!ちなみに馬生さんの弟も同じく落語家です。

 

 

馬生さんは私生活でも和服でいることを貫き、決して洋服を着なかったそうです。落語だけでなく書画や俳句を楽しむ風流な人だったと言われています。

 

 

1982年には食道がんのため、わずか54歳で亡くなっています。

池波志乃の家系図が凄い?

池波志乃さんの家系図が凄いと話題になっていますが、池波志乃さんはどんな家庭に生まれてきたのでしょうか?

 

 

実は、池波志乃さんの祖父は、「昭和の大名人」や「落語の神様」と呼ばれている落語家、5代目古今亭志ん生(本名:美濃部 孝蔵)です。

 

 

2019年の大河ドラマ「いだてん」では、この志ん生さんが物語の語り手をつとめていました。大河ドラマの登場人物になるほどすごい人なんですよね!

 

 

さらに池波志乃さんの叔父は3代目古今亭志ん朝さん、叔母の美津子さんは祖父・志ん生さんのマネージャーをつとめており、

 

もう一人の叔母の喜美子さんは三味線弾き、そして甥も落語家…というように芸能一家に生まれ育ったのです。

 

 

同じく「いだてん」では、池波志乃さんが自身の祖母である美濃部りん役を演じています。実は志ん生さんの娘たちよりも、孫である池波志乃さんの方が、りんにとてもよく似ているんだそうです。

 

 

大河ドラマで自分の祖母の役を演じるって一体どんな気持ちなんでしょうね?とても不思議な気持ちがしたのではないでしょうか?

 

Sponsored Link


池波志乃が手術したって本当?

そんな池波志乃さんには、手術をしたという噂がありますが、それは本当でしょうか?

 

実は池波志乃さんは、2008年に歯の痛みで病院に訪れた際、「骨髄炎」という病気であることがわかっています。

 

 

手術は11時間にも及び、なんと下あごを切開し、代わりに肩甲骨の骨を切って、下あごの骨にあてがったという、なんとも痛々しい手術内容だったそうです。

 

 

ここまでの大手術だと、普通は輪郭が変化してしまうこともあるそうですが、手術は成功し、健康体を取り戻すことができたそうです。

 

 

しかし、唇の感覚がない、などの後遺症が残るなど、とても大変な手術だったそうです。

 

 

そんな大手術を経験したのちに、先ほどふれた2019年の大河ドラマ「いだてん」では、見事女優として復帰していました。

 

これはなんと、池波志乃さんにとって20年ぶりの女優の仕事だったそうです!

池波志乃の病気の噂とは

View this post on Instagram

#池波志乃 #hbd

A post shared by 隊長 (@nekotaicho214) on

実は、池波志乃さんは骨髄炎の他にも、フィッシャー症候群という病気を経験していたことがわかりました。

 

 

フィッシャー症候群とは、手のひらや足の裏に違和感があったり、手足の筋力低下、ふらつきや神経麻痺などの多くの症状がみられる病気のことです。

 

 

実はこのフィッシャー症候群は、発症から半年程度で自然に治っていくそうなのですが、池波志乃さんがこの病気を発症した際、夫の中尾彬さんが救急車で緊急搬送されるという出来事がありました。

 

 

中尾彬さんはその時重病で、「命が助かる確率が20%」と言われるほどだったのですが、そんな大変な状況の中、池波志乃さんは自分の病気とも戦わなければならなかったそうです。

 

想像するだけで大変なことですよね。

 

 

池波志乃さんは約1ヶ月のリハビリを乗り越えて、再び身体を回復させたようです。

 

Sponsored Link


池波志乃の料理の腕前は

実は池波志乃さんは、とても料理が上手だそうです。

 

 

なんと、毎日中尾彬さんに出すお料理には、「手書きのお品書き」を添えているのだそうです!!家でのご飯なのに、まるで旅館みたいですよね。

 

ご自分も女優業でお忙しいのに、これは本当にすごいです。

 

 

そして、お品書きの中から中尾彬さんに食べたいものを選んでもらい、選んだものだけを出すのだとか。

 

 

これは、時間のある時に作り置きしたおかずを使うなど、色々と工夫されているとのこと。それにしても、毎日のお品書きは本当にすごいです。

 

 

そんな池波志乃さんは、「アンソロジーお弁当」「うちの手料理」というレシピ本を出版しています。中尾彬さんにとって、池波志乃さんは完璧な奥さんですよね。

 

 

芸能界一のおしどり夫婦と呼ばれる所以がわかりますね。

池波志乃の子供は何人?

池波志乃さんと中尾彬さんには子供はいません。

 

2人が結婚したばかりの頃、池波志乃さんが妊娠したことがあったのですが、これは子宮外妊娠でした。

 

 

本来ならば受精卵は子宮の内膜に着床するのですが、子宮外妊娠の場合は子宮内膜以外の場所に着床してしまうのです。

 

 

そのため、そのまま妊娠を継続することができず、残念ながら赤ちゃんを諦めざるをえない状況になってしまうのです。

 

 

そんなこともあり、中尾彬さんと池波志乃さんは話し合った結果、子供を持たないということを決めたのだそうです。

 

 

悲しいことかもしれませんが、子供がいるだけが夫婦の形ではありませんし、何よりも2人が現在も仲良く過ごしているのがとても大切なことですよね。

 

 

辛い出来事を乗り越えたからこそ、芸能界一のおしどり夫婦の今があるのだと思います。

 

Sponsored Link


池波志乃と中尾彬の馴れ初めは

映画の共演がきっかけで知り合った、池波志乃さんと中尾彬さん。

 

 

なんと出会ってからわずか3ヶ月での電撃結婚でした。中尾彬さんは相当池波志乃さんに惚れていたのか、2回目のデートで結婚を申し込んだそうです。

 

 

当時、中尾彬さんは数年前に前妻と離婚していて、前妻との間には息子もいたそうなのですが、池波志乃さんはプロポーズを承諾し、晴れて結婚することになったのでした。

 

 

まさに運命の恋、だったのかもしれませんね。

 

 

池波志乃さんは歳をとっても変わらない美しさがありますし、なにより先ほどふれた料理の件のように、好きな人にはとことん尽くすタイプなのかもしれません。

 

 

そんなところが中尾彬さんのハートを射止めたのかもしれませんね。

池波志乃の経歴・プロフィール

池波志乃さんのプロフィールについてまとめてみました。

 

池波志乃(本名:中尾志津子)

 

 

生年月日:1955年3月12日(65歳)

出身地:東京都荒川区

血液型:A型

 

 

高校を中退した池波志乃さんは、俳優小劇場養成所に入所しました。その後、新国劇に入団し、その時に「池波志乃」という芸名をつけてもらったとうです。

 

 

当時の新国劇の座付き作家でもあった、小説家の池波正太郎さんにも許可を得たといわれています。俳優としての同期には、風間杜夫さんや大竹まことさんなどの大俳優がいます。

 

 

日本的でありながらも妖艶な魅力を持った池波志乃さんは、主に脇役として舞台を支え続け、日本の中でも類を見ない女優だといわれていました。

 

 

1990年代半ば頃からは体調不良のために女優業から遠ざかり、そこから2019年の「いだてん」までは実質女優活動を休止していました。

 

 

とてもお酒が強く、芸能界の女性の中では右に並ぶ者はいないと言われています。

池波志乃の父親は落語家で家系図が凄い?手術や病気の噂は本当?まとめ

この記事では、池波志乃さんの父親や家系図が凄いという噂、また手術や病気の真相についてしらべてみました。

 

 

芸能界一のおしどり夫婦と呼ばれ、常に夫の中尾彬さんを支えている池波志乃さん。品格があり、それでいて女優としての魅力を持っている素敵な方ですよね。

 

 

病気や大きな手術を体験したことで苦労もされたでしょうが、これからもご夫婦共々元気でいてほしいですね。

 

Sponsored Link