木村恒希の今は広島工業大学でドラフト待ち?高校や中学についても

球界のキムタクことき元巨人軍コーチの木村拓也さんの息子・木村恒希さんが今では広島工業大学で野球をしているそうです。今はドラフト待ちとの噂もありますが本当でしょうか?

 

広島工業大学に進学する前はどこの高校や中学に通っていたのかも気になります!木村恒希さんドラフト待ちの噂や出身高校や中学など紹介したいと思います!

 

また木村恒希さんが父・木村拓也さんの追悼試合での始球式動画はあるでしょうか?

Sponsored Link  
 

木村恒希は今は広島工業大学で野球をしてる?

父親は巨人軍コーチの木村拓也さんという偉大な父を持つ木村恒希さん。木村拓也さんが無くなってから早い物で10年がたつ今、木村恒希さんは何をしているのでしょうか?

 

当時10歳だった木村恒希さんも、今では大学生になり、広島工業大学の建築デザイン学科に進学しています。以外にも建築の勉強をされているのですね。

 

そして広島工業大学の軟式野球部に所属し、野球も続けていいて、ポジションは父・木村拓也さんも守ったことがあるセカンドだそうです!

 

 

木村恒希さんは幼少期から父の背中を負い、プロ野球選手になることを夢見て野球に打ち込んできたようです。しかし元々はキャッチャーだった木村恒希さん、ひざのけがで手術するなどつらい経験もしています。

 

それでも野球を辞めなかったのは、父・木村拓也さんの『結果が出るまでやりきる』という言葉を座右の銘に頑張ってきたからでそうです。

 

けがのためキャッチャーを出来なくなったものの、今ではセカンドを守っているなんて凄いとしか言えません!

木村恒希の今はドラフト待ち?

そんな木村恒希さんですが今はドラフト待ち?なんて噂もありますが本当でしょうか?

 

調べてみましたがどうやらドラフト待ちということはないようです。高校時代もドラフトのためにプロ志望届は出しておらず、将来はプロ野球選手とは違う夢を持っているようです。

 

そうは言っても偉大な父から教わった野球を辞めるつもりはなく、野球とは違う道に進んだとしても社会人野球や草野球などは続けて行くつもりだそうです。

 

それにもしドラフトがかかることがあればプロの道に進むことも考えていると言います。

 

Sponsored Link


木村恒希の高校はどこ?

広島工業大学で野球に勉強に奮闘する木村恒希さんですが、通っていた高校はどこだったのでしょうか?

 

木村恒希さんの出身高校は廿日市高等学校です!偏差値は58なので中々の高校ですね!木村恒希さんは高校時代ももちろん野球部でした。

 

 

廿日市高等学校の学生に進学先として多いのはやはり広島工業大学だそうです。

木村恒希の高校野球の成績は

ここで気になるのは木村恒希さんの高校時代の野球の成績です。高校野球と言えばもちろん甲子園です!

 

高校球児のすべての憧れであり、甲子園に出場し目立つ成績を残すことがプロ野球界への道でもあります。そして木村恒希さんも甲子園に出場されたのかとういうと、どうやら甲子園出場の夢は叶わなかったようです。

 

木村恒希さんの高校時代の廿日市高等学校の成績は、いずれも広島県大会の2回戦敗退で、残念ながら力及ばずだったようです。

 

Sponsored Link


木村恒希の中学や出身地は

次に木村恒希さんの中学や出身地ですが、もちろん出身は広島と思ったのですが、父・木村拓也さんの出身地である宮崎県宮崎市という情報があります。

 

そして中学校ですが、こちらも詳しい情報を見つけることができませんでした。しかし、もともとは強豪のシニアチームに入っていたものの、途中から中学校に野球部に入ったそうです。

 

当時、父の後を継ごうと無理をしてシニアチームに入ったこともあり、なかなかチームに馴染めず無理をしていたのか『楽しく野球をやりたい』という想いから中学校の野球部に入ることきめたようです。

木村恒希の将来の夢はプロ野球選手?

そんな木村恒希さんの将来の夢はプロ野球の選手という訳ではないようです。大学では建築デザイン学科に進学していて、野球選手というよりは、1級建築士になって建築家として活躍することが木村恒希の将来の夢だそうです。

 

高校生時代に建築士の夢を持ったことから、大学も広島工業大学の建築デザイン学科に進学することを決めたようです。

 

もちろん先に紹介したいように、プロ野球界からドラフトの指名が入るようなことがあれば、父と同じ野球選手になるという夢も持ち続けて野球を続けているようです。

 

Sponsored Link


木村恒希の父の追悼試合での始球式動画ある?

木村恒希さんといえば、父・木村拓也さんが亡くなった直後に行われた追悼試合での始球式の様子が印象に残っている方も多いと思います。

 

4月24日の巨人対広島東洋カープ戦は木村拓也さん追悼試合ということで、始球式には当時10歳だった木村恒希さんがマウンドに立ちボールを投げました。

 

 

背番号0の巨人のユニフォームをきた木村恒希さんは名前を呼ばれると堂々とした足取りでマウンドに上がります。当時のジャイアンツのメンバーは原監督とともに一塁側のマウンドに整列し、その様子を見守ります。

 

そして見事、キャッチャーのミットに、バウンドすることなくストライクで投げ入れます。

 

その後、整列した巨人軍の選手たちにタッチしながら見送られマウンドをおります。球場からは割れんばかりの拍車と声援が贈られる、涙なしにはみれない動画となっています。

木村恒希の経歴・プロフィール

木村恒希(きむら こうき)

 

生年月日 2000年(現在20歳)

 

巨人軍のコーチを務めていた木村拓也さんの息子で、10歳の時に木村拓也さんが他界された際には追悼試合で始球式を務めます。

 

始球式で投げたボールはノーバウンドでキャッチャーミットに見事なストライクを投げて見せます。その後、野球のシニアチームに入るも、自分が楽しめる野球がしたいと思い中学校の野球部に。

 

廿日市高等学校の野球部では甲子園に出場する夢は叶わなかったようですが、今は建築家の夢を叶えるために広島工業大学で建築デザインの勉強をしているそうです。

まとめ

木村恒希さんの今は広島工業大学で建築士の勉強をしながら野球を続けていました。

 

偉大な父を持ち、幼い頃の夢はもちろんプロ野球選手だったようですが、野球は楽しみながら続けて行く感じで、現在の夢は建築家だそうです。ですがもちろん、プロ野球界からの声がかかれば野球選出しての道も諦めていないそうです。

 

木村恒希さんが今後、どんな進路を選んだとしても球界のキムタクこと木村拓也さんは、息子の進む道を天国から見守っていてくれていのではないでしょうか。どんな道に進むとしても頑張って欲しいですね!

 

Sponsored Link