坂本哲志に嫁や子供は?高校と大学や出身地についても

菅内閣で内閣府特命担当大臣に就任された坂本哲志氏のお嫁さんや子供はどんな方なのでしょうか?そして、坂本哲志氏の高校や大学、出身地はどこなのか気になります。

 

今回は政治家坂本哲志氏の出身地や、卒業した高校と大学はどこなのか?そして、気になるお嫁さんや子供の事を調べてみました!

 

他にも経歴やプロフィール、「英語のお勉強」についても詳しく紹介したいと思います!

Sponsored Link  
 

坂本哲志の嫁はどんな人?

坂本哲志氏のお嫁さんは「昌江」さんと言うそうです。

 

写真などハッキリした物は見つかりませんでしたが、写真に映っている着物の女性が昌江さんなのではないかと思います。

 

政治家にとっての妻は、地元を守り、選挙活動をしてくれて、男性が気付かないところに仲間を作ってくれて、女性の立場からアドバイスしてくれる特別なパートナー

 

とブログで語っているように、お嫁さんの昌江さんの事はとても信頼しているように感じますよね。

 

その他に奥様の情報は残念ながら見つかりませんでした。

坂本哲志に子供は?

坂本哲志さんの子供についてですが、長男の息子さん、娘さんが2人いるようです。

 

 

子供3人の詳しい情報がでてこなかったので、特に政治家などの道に進んでいないという事のようです。なので3人とも一般人なのでしょうね。

 

2005年のブログでは、すでに奥様と2人暮らしで、長男は福岡で社会人、長女は嫁ぎ、次女は東京の予備校に通われているということから、15年後の3人の子供達は30代ではないかと思われます。

 

 

そして、2016年の熊本地震ではお孫さんを抱えて車中泊したとのことなので、お孫さんもいるとご自身のブログで発言していました。

 

坂本哲司氏は温厚な性格の様なので、家族の中もとても良いそうですよ。

 

Sponsored Link


坂本哲志の高校はどこ?

坂本哲志氏の卒業小学校は大津町立陣内小学校(現大津南小学校)、卒業中学校は大津町立大津中学校でした。

 

そして、高校は熊本商科大学付属高等学校(現在熊本学園大学付属高等学校)です。

 

 

坂本哲志氏は小学校から高校まで地元の熊本の学校に通っていたようです。出身高校である、熊本学園大学付属高等学校の偏差値は60~62.5でした。

 

 

熊本学園大学付属高等学校の出身有名人に、元熊本県荒尾市長の山下慶一郎さんや、格闘家の松本天心さんなど、こちらも沢山の有名人を輩出しているようです。

 

 

偏差値も高いだけあって高校のころから勉強も得意だったようですね。

坂本哲志の大学はどこ?

坂本哲志氏はマラソンの強い大学、中央大学の法学部政治学科の出身です。

 

 

中央大学法学部というと、中央大学の中でも看板学部でかなり難易度が高い事で知られています。ちなみに中央大学法学部政治学科の偏差値は62.5でした。

 

 

中央大学法学部は法曹界、政界、財界、官界に非常に多くの人材を輩出しているようで、

 

特に法曹界(裁判官、検察庁)などの活躍は東大に次ぐ輩出数で、日本法曹人口の5文の1は中央大学出身です。

 

 

そして、中央大学出身の現役国会議員は27名と、かなり多くの国会議員を輩出しているようですね。

 

Sponsored Link


坂本哲志の出身地は

卒業小学校や卒業中学校、高校と熊本県内の大津市の学校を卒業しているようなので、出身地は熊本県大津市です。

 

 

大津市は、熊本市内から20k近く離れており自然豊かな地域だそうですよ。熊本県がある九州といえば、2020年7月に豪雨をもたらしましたよね。

 

 

現在、坂本哲志氏は東京に住み、お嫁さんは九州に住んでいることがご自身のブログで分かりました。

 

 

九州豪雨の際に、ご自身は東京に住んでいるために九州で戸惑っているお嫁さんに対して何もできずもどかしい思いをしているようでした。

 

九州は台風の通り道になっているだけあって、今後もこの心配は尽きなそうですよね。

坂本哲志は新聞記者だった?

中央大学卒業後は、地元新聞社の熊本日日新聞に入社しました。

 

熊本県民からは「熊日」の愛称で親しまれ、発行部数は30

 

3026部と熊本ではトップの発行部数を誇る新聞社です。

 

 

この熊本日日新聞から、伊豆富人氏や佐々弘雄氏という政治家も入社されていました。

 

Sponsored Link


坂本哲志の英語の実力は

九州を中心に甚大な被害が豪雨に関する、衆議院災害対策特別委員会で、被災地の熊本県選出で坂本哲志氏が野党議員の質疑中に、

 

審議と関係のない英語の本を約2時間にわたり読んでいたことで話題になっていましたよね。

 

 

しかも机の下でこっそりと、スマホを片手に持ちながら一心不乱に英語の本を熟読していました。

 

 

その英語の本のタイトルですが、おそらくジェームス・M・バーダマン著の「日本現状史」というものだそうです。「戦後の食糧事情」について書いてある書籍のようです。

 

 

現在も熱心に勉強されていることは、とても素晴らしいことですが、審議中にというのはいかがなものでしょうかね?

 

 

ご自身も「深く反省している」と陳謝していましが、国民に不信感を与えてしまった事は間違いないでしょうね。

坂本哲志の経歴・プロフィール

 

坂本哲志(さかもと てつし)

 

1950年11月6日生まれの69歳。

大学卒業後、熊本日日新聞社に入社。

 

1991年、熊本県議会議員選挙に自由民主党公認で出馬し初当選します。

 

 

2003年11月、第43回衆議院議員選挙に熊本3区から無所属で出馬し、自民党前職の松岡利勝を破り初当選。当選後に保守系無所属の新人議員5人で院内会派「グループ改革」を結成。

 

 

2008年8月、福田康夫改造内閣で総理大臣政務官に任命され、麻生内閣でも再任。

 

2009年の第45回衆議院議員総選挙では初めて自民党公認で熊本3区から出馬し3選。

 

2012年9月には自由民主党総裁選挙では、石原伸晃の選挙対策本部長補佐を務めました。

 

 

2014年12月14日の第47回衆議院議員総選挙では、熊本3区で5選しました。そして2020年9月に菅新内閣で、地方創生担当大臣に任命されました。

 

 

趣味はジョギングのようで、2016年の東京、青梅マラソン10キロ部に出場し、56分40秒と65歳の年齢を越えているとは思えない走りですよね。

 

菅新内閣 地方創生相に坂本哲志氏が内定

坂本哲志に嫁や子供は?高校と大学や出身地についてもまとめ

菅内閣に初入閣が決まった坂本哲志ですが、今後の為にも議会中などには英語の勉強は気を付けないといけませんよね。

 

お嫁さんの昌江さんや、子供3人に関しては特に詳しい情報は残念ながらありませんでした。しかし1男2女とお孫さんと、子宝に恵まれてとても幸せな様子がうかがえます。

 

 

全国的にみると坂本哲志氏って誰?なんて言われているようですが、熊本県議会議員として長く務めた事もあり、地

 

元での評判はとても良さそうなので今後菅内閣に、入閣し全国的に知名度が上がっていくのはこれからでしょう。

 

Sponsored Link