TOKYOMER ドラマ動画の最終回11話を無料の見逃し配信でフル視聴!

鈴木亮平さんが主演のドラマ『TOKYOMER』動画の最終回11話を、無料の見逃し配信でフル視聴する方法を紹介しています!

 

いま問題になっている、違法にアップロードされた動画を探さなくても

安心して『TOKYOMER』動画の最終回11話を無料でフル視聴できます♪

 

>>>『Paravi』の2週間無料体験!はこちら

 

CMなしの高画質で視聴できるので、ストレスなく見れるところもおススメです!!

TOKYOMER ドラマ動画の最終回11話 予告も紹介しています!

ドラマ『TOKYOMER』の動画の最終回11話予告も面白いですよ♪

TOKYOMER ドラマ動画の最終回11話を無料の見逃し配信でフル視聴する方法は?

ここからはドラマ『TOKYOMER』の動画を、1話から無料の見逃し配信でフル視聴する方法について紹介していきます!

 

その方法は、TOKYOMER の放送終了後にも告知される公式の見逃し配信サービス『Paravi』”です!

 

>>>『Paravi』の2週間無料体験!はこちら

2週間だけの利用なら0円!!

 

違法にアップロードされた動画をハラハラしながら見なくても、『Paravi』なら安全な見逃し配信を使って、安心して視聴できます!

 

さらに、Paraviには “2週間無料体験!” が付いていて、無料期間中に登録して2週間以内に解約することもできるので

『TOKYOMER』以外の最新ドラマや過去の人気ドラマに、海外ドラマや映画まで! トライアル期間中に見れてしまいます!!

 

ですがこの “2週間無料体験!” はいつまでやっているのかわからないので…、損しないように早めに登録してしまった方がお得です(笑)

 

>>>『Paravi』の2週間無料体験!はこちら

TOKYOMER ドラマ動画の最終回11話の視聴率は?

ドラマ『TOKYOMER』動画 最終回11話の視聴率はどんな感じでしょうか?

今回 最終回11話の視聴率 : 分かり次第更新します!

 

TOKYOMER これまでの平均視聴率⇒ 13.32%

 

Sponsored Link  
 

TOKYOMER ドラマ動画の最終回11話を予想!

 

30代 女性 :

TOKYOMER ドラマ動画の最終回11話の予想: 音羽が調査報告として提出した内容が喜多見が語った真実ではなく喜多見を守るための嘘を提出した様子がみられ、

音羽の中で喜多見の存在の大きさを強く感じさせました。

MERを無くすための切り札としていた報告が期待通りではなかったものの、

他にも切り札を持つ白金の姿とそこから診察室で胸を押さえながら倒れる赤塚に赤塚についての秘密を握っているのだと予測させました。

そして頑なに喜多見に空白の1年を口留めしていた姿から赤塚も喜多見の空白の1年に関わっていると感じさせました。

赤塚の病状の悪化によって劣勢となり、またそこから喜多見の真実が明るみになる展開だと感じました。

 

30代 男性 :

TOKYOMER ドラマ動画の最終回11話の予想: 大使館という治外法権の場所のために現場に急行した喜多見たちMERのメンバーたちながら全く動けない状況に陥り、

頼みの綱の赤塚都知事が対応してくれると期待したのに病に倒れてしまっている状況も発生してダブルの危機になる波乱の展開、

その事を知った厚生労働大臣の白金と官僚の久我山はチャンスとみて緊急事態に動けないMERの不要論と、

MERの発起人である赤塚の健康管理ができておらず不在による責任問題で、MERの廃止と都知事の座を奪い取る計画を画策を始め、

事故現場の大使館の近くにいる喜多見は命を助ける事だけを優先し行動を始めてしまい、

音羽は医師としてMERの存続と官僚として白金の利益となるようにと思考を巡らし、

大使館内の命をMERを利用して救えば白金の存在は世界的に知れ渡り初の女性総理に慣れる可能性を示唆、

逆に白金の権利を利用してMERの状況も好転させる画期的な物語になると予想しています。

 

>>>『Paravi』の2週間無料体験!はこちら

TOKYOMER ドラマ動画の最終回11話の見どころは

30代 女性 :

TOKYOMER ドラマ動画の最終回11話の見所: 外国大使館で二酸化炭素中毒事故が発生し、

そこから出動するMERの姿と誰よりも先人をきって危険を省みない行動を起こす喜多見の姿が見どころになると感じました。

しかし、外国大使館ということもあり、許可なく立ち入れないという法律の壁が処置の弊害になってしまうと感じました。

赤塚が8話のラストで倒れたことで後ろ盾がいない状態がどんな困難をもたらすのか目が離せないと感じました。

また、命を助けることで法律を破る喜多見の姿が見られると感じ、その行動が喜多見の空白の1年が明るみになってしまうきっかけになるのではと不安になりました。

命を助けるために立ちはだかる壁が大きいほど、命の重さを痛感させられる展開になると期待が高まりました。

 

30代 男性 :

TOKYOMER ドラマ動画の最終回11話の見所: 今までの緊急性のある現場は喜多見たちに危険性が及ぶことだったのが、

場所が治外法権の大使館ということで動かなくなる点と、MERを機敏に動かせる政治家の力を持っている

都知事の赤塚が倒れていない事と重責が務まるのかと疑問視されてしまう事態が物語の要となりそうです。

また、MERと赤塚を潰そうと考える厚生労働大臣の白金たちと、現場のMERのチーフである喜多見の命を救う事しか頭にない相変わらずな姿勢を続ける喜多見の間で、

音羽は板挟みにあいながら医師と官僚の自分自身はどう行動すべきで何ができるのかを考える所も見どころとなる気がします。

 

◆TOKYOMER これまでの見逃し配信や視聴率は?

>>> TOKYOMER ドラマ動画と感想・視聴率はこちら!

 

TOKYOMER ドラマ動画の最終回11話までの感想

30代 女性 :

TOKYOMER ドラマ動画の最終回11話までの感想: 外国大使館で二酸化炭素中毒事故が発生し、

そこから出動するMERの姿と誰よりも先人をきって危険を省みない行動を起こす喜多見の姿が見どころになると感じました。

しかし、外国大使館ということもあり、許可なく立ち入れないという法律の壁が処置の弊害になってしまうと感じました。

赤塚が8話のラストで倒れたことで後ろ盾がいない状態がどんな困難をもたらすのか目が離せないと感じました。

また、命を助けることで法律を破る喜多見の姿が見られると感じ、その行動が喜多見の空白の1年が明るみになってしまうきっかけになるのではと不安になりました。

命を助けるために立ちはだかる壁が大きいほど、命の重さを痛感させられる展開になると期待が高まりました。

 

30代 男性 :

TOKYOMER ドラマ動画の最終回11話までの感想: チーフという立場の喜多見なのにたった一人で車両を洗い整備している事が不思議でしたが、

MERの専属は喜多見だけで他のメンバーたちはそれぞれの本業があると説明してくれる場面があって有り難く思いました。

命を救うために活動する喜多見らしく、テロリストの可能性が高いとわかったのに嘘をついて救うという行動は立派ながら損をする性格だなと感じ、

音羽も制度の充実を行うために官僚となったのに、MERを存続させるためにデング熱というありそうな内容を使い

嘘をついてしまう行動は人たらしの喜多見に感化されたようで目指していた制度改革は進まない気がしましたが、

上司の久我山と大臣の白金がデング熱と記された報告書を疑うことなく信じた事にはビックリ、

音羽の信頼は高いだけに逆に利用したらイイのにと思いました。

 

>>>『Paravi』の2週間無料体験!はこちら

TOKYOMER ドラマ動画の最終回11話のあらすじについても!

ドラマ『TOKYOMER』最終回11話のあらすじの一部を紹介しています。

最愛の妹・喜多見涼香(佐藤栞里)を亡くし、失意のどん底にいた喜多見幸太(鈴木亮平)はMER脱退を告げる。

 

都知事の赤塚梓(石田ゆり子)は意識不明のまま生死の境をさまよっていた。

 

そして、音羽尚(賀来賢人)は大物政治家・天沼夕源(桂文珍)に逆らえないまま、遂にMER解散が決定しようとしていた…。

 

そんな中、エリオット・椿(城田優)による連続爆破テロで東京中が炎上!多くの負傷者が出るが、喜多見も音羽も出動せず、ERカーの使用も禁じられてしまう!

TOKYOMER 公式サイト引用

 

>>>『Paravi』の2週間無料体験!はこちら

 

◆TOKYOMER これまでの見逃し配信や視聴率は?

>>> TOKYOMER ドラマ動画と感想・視聴率はこちら!

 

※本ページの情報は2021年09月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。