イチケイのカラス ドラマ動画の10話を無料の見逃し配信でフル視聴!

板谷由夏さん出演ドラマ『イチケイのカラス』動画の10話を、無料の見逃し配信でフル視聴する方法を紹介しています!

 

いま問題になっている、違法にアップロードされた動画を探さなくても

安心して『イチケイのカラス』動画の10話を無料でフル視聴できます♪

 

>>>『FODプレミアム』の初回2週間無料トライアルはこちら

 

CMなしの高画質で視聴できるので、ストレスなく見れるところもおススメです!!

イチケイのカラス ドラマ動画の10話 予告も紹介しています!

ドラマ『イチケイのカラス』の動画の10話予告も面白いですよ♪

イチケイのカラス ドラマ動画の10話を無料の見逃し配信でフル視聴する方法は?

ここからはドラマ『イチケイのカラス』の動画を、1話から無料の見逃し配信でフル視聴する方法について紹介していきます!

 

その方法は、イチケイのカラス の放送終了後にも告知される公式の見逃し配信サービス『FODプレミアム』”です!

 

>>>『FODプレミアム』の初回2週間無料トライアルはこちら

無料トライアル期間2週間だけの利用なら0円!!

 

違法にアップロードされた動画をハラハラしながら見なくても、『FODプレミアム』なら安全な見逃し配信を使って、安心して視聴できます!

 

さらに、FODプレミアムには “2週間無料トライアル” が付いていて、無料期間中に登録して2週間以内に解約することもできるので

『イチケイのカラス』以外の最新ドラマや過去の人気ドラマに、海外ドラマや映画まで! トライアル期間中に見れてしまいます!!

 

ですがこの “2週間無料トライアル” はいつまでやっているのかわからないので…、損しないように早めに登録してしまった方がお得です(笑)

 

>>>『FODプレミアム』の初回2週間無料トライアルはこちら

イチケイのカラス ドラマ動画の10話の視聴率は?

ドラマ『イチケイのカラス』動画 10話の視聴率はどんな感じでしょうか?

今回 10話の視聴率 : 分かり次第更新します!

 

イチケイのカラス これまでの平均視聴率⇒ 12.37%

 

Sponsored Link  
 

イチケイのカラス ドラマ動画の10話を予想!

 

40代 女性 :

イチケイのカラス ドラマ動画の10話の予想: 12年前の入間が弁護士で最後の事件。東丸電気殺人事件。

獄中で命をたった12年前の被告の仁科。無罪を訴えたのに、相手にされず無期懲役になった。目撃した男は国税庁OBの志摩だった。

前回の窃盗で2億の脱税疑惑が出ている男。そして被告に信頼されていたのに、途中で弁護人を解雇された入間はとてもこの事件の事は煮えきらないし、

絶対解決したい、仁科の無罪をなんとか勝ち取りたいと思っているはず。

そしね坂間は仁科のお姉さんに再審請求を求めるが、拒否されてしまう。

そのすぐ後で、入間の同僚で弁護士の青山が、姉に同じ事をいい、姉は二人の熱心さに負けて再診出すことにする。

すんなり出すことができるのか、邪魔する組織がいるのか。

 

50代 男性 :

イチケイのカラス ドラマ動画の10話の予想: 岸田が盗んだ2億円から大きな事件が明白になりかけていました。

「私を犯人扱いした」と入間裁判官に言った国税庁OBの志摩が所長をしている会計事務所が複数の大手の会社の脱税に手を貸していたと疑いがうかびました。

志摩は国税庁OBなので、税金については詳しいし、国税庁に顔も効きます。

国税庁内部にも脱税に協力した人もいるのではと捜査が始まります。

坂間裁判官の恩師の日高ももしかしたら何かしら手を貸しているのかもしれません。

坂間は12年前の事件で冤罪を訴えながら自殺した被疑者の妹に会いに行きます。一回り昔の事件が眠りから覚めそうな気配です。

 

>>>『FODプレミアム』の初回2週間無料トライアルはこちら

イチケイのカラス ドラマ動画の10話の見どころは

40代 女性 :

イチケイのカラス ドラマ動画の10話の見所: 12年前の殺人事件の裁判で一番の不思議は、

逃げた男が志摩とわかりながら、どうして証人尋問をしなかったのはなぜなのでしょう。

急に入間が解雇されたのもわかりません。入間が裁判官になったのは、もしかしたらその疑問を解くためになったのかもしれません。

真相に向けて入間は、色々分析をしていろんな人の話を聞いていくと思います。

最高裁判事の日高にも。日高の同郷で後輩の坂間はどういう展開にしていくのか。元同僚の青木の活躍も期待です。

書記官の石倉もこの事件は傍聴していて詳しいので、石倉も活躍してくれるんではないかと思います。

相手は大きな組織かもしれませんので、恐ろしいです。入間は裁判の真相を正確に暴いてくれるのでしょうか。

ちなみに、検事の城島、井出達は本人がピンチそうで今回はイチケイのフォローはできなさそうです。

ファインプレーはあるのかも見どころです。

 

50代 男性 :

イチケイのカラス ドラマ動画の10話の見所: 大きな事件になりそうです。国税庁から判事、検事と司法の黒い部分、腹黒い人たちの闇が暴かれそうです。

大手の企業の脱税に、それに手を貸した元国税庁OBの会計事務所所長、判事、検事も関わっていそぅす。

入間裁判官は色んなことに気付いてしまい、行動に移すでしょう。

入間裁判官には影響されたくはないけれど、人一倍正義感が強い坂間裁判官も悪を暴くことには積極的です。

断られた最新請求も何とか説得して、12年前に握り潰されたことが明白になることでしょう。

闇が明けて明るくなった時に、何かを失う人が多数いて喜んでばかりもいられませんが、事実は明らかになるのが楽しみです。

 

◆イチケイのカラス これまでのネタバレや視聴率は?

>>> イチケイのカラス ドラマ動画とネタバレ・視聴率はこちら!

 

イチケイのカラス ドラマ動画の10話のネタバレを紹介!

 

ドラマ『イチケイのカラス』10話のネタバレを紹介していきます♪

 

>>>『FODプレミアム』の初回2週間無料トライアルはこちら

無料トライアル期間 2週間だけの利用なら0円!!

 

ドラマ イチケイのカラス 10話のネタバレはここまでになります!次回もお楽しみに~

Sponsored Link  
 

イチケイのカラス ドラマ動画の10話までの感想

40代 女性 :

イチケイのカラス ドラマ動画の10話までの感想: バタフライ効果って、結構色んなところで起きてるんですね。

被告が少し変わった行動をとったために巡り巡って記者はなくなってしまった。被告のポリシーとして、分析する、美学、人を傷付けない。

窃盗をする事だけでも人を傷つけることになる。もし窃盗を被告がしなかったら記者はそれの事件を追うこともしなかった。分岐点ともにてます。

今回12年前の事件と関わりのある人物が被害者でしたが、なんのために被告はごまかしているのか不思議でした。

入間(竹野内豊さん)と、被告(バカリズムさん)のやり取りも見ものでした。

結局入間の分析としつこさで、被告は本当のことを話しましたが、もしそのまま続いていたら、

脱税疑惑も出なかったし、記者の遺族もやりしれなかったと思います、やっぱり、さすがは入間です。

そしてイチケイの団結力も、検察二人を初心に戻させたのは凄いです。

 

50代 男性 :

イチケイのカラス ドラマ動画の10話までの感想: 司法の背景が複雑になって来ました。

113万円を盗んだ前科6犯の窃盗犯の岸田は、実は2億円も盗んでいて、そのお金は脱税したものでした。

岸田を演じるのはフリップ芸人で脚本家としても活躍するバカリズムさんでした。エリートだった岸田は移動パン屋を始めたけれど上手くいかず、

窃盗を繰り返すようになり、余っているようなお金しか盗らないし人は傷つけないのがポリシーと力説しました。

しかし、今回は逃げる時に盗んだ自転車が衝突して人を死なせてしまいました。

余っているお金なら、人を傷つけないなら盗んでも良いと言うような岸田の言っていることは納得がいきませんね。

岸田が盗んだ2億円で国税庁OBが出て来たり、坂間裁判官の尊敬する上司が出て来たりと日本は大丈夫かと思ってしまいました。

 

>>>『FODプレミアム』の初回2週間無料トライアルはこちら

イチケイのカラス ドラマ動画の10話のあらすじについても!

ドラマ『イチケイのカラス』10話のあらすじの一部を紹介しています。

みちお(竹野内豊)は、弁護士時代の同僚でもある青山(板谷由夏)と、彼女の母親の多恵(銀粉蝶)に会いに行く。

 

愛犬みちこの弟妹が生まれたからだった。

 

帰り道、青山は、独立して事務所を立ち上げるにあたって、得意の企業法務だけでなく国選弁護もやっていくつもりだとみちおに告げる。

 

青山は、その国選弁護である案件を担当するため、またイチケイに通うことになる、と続けた。

 

あくる日、駒沢(小日向文世)は、レアケースの案件が上がってきたので合議制で審理する、とみちおや坂間(黒木華)たちに伝える。

 

それは傷害事件だったが、被告人が『名無しの権兵衛』なのだという。青山が弁護人を引き受けた案件だった。

イチケイのカラス 公式サイト引用

 

>>>『FODプレミアム』の初回2週間無料トライアルはこちら

 

◆イチケイのカラス これまでのネタバレや視聴率は?

>>> イチケイのカラス ドラマ動画とネタバレ・視聴率はこちら!

 

※このページの情報は2021年06月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。[PR]