ルパンの娘2 ドラマ動画の8話を無料の見逃し配信でフル視聴する方法!視聴率も

太田莉菜さん出演ドラマ『ルパンの娘2』動画の8話を、無料の見逃し配信でフル視聴する方法を紹介しています!

 

いま問題になっている、違法にアップロードされた動画を探さなくても

安心して『ルパンの娘2』動画の8話を無料でフル視聴できます♪

 

>>>『FODプレミアム』の初回2週間無料トライアルはこちら

 

CMなしの高画質で視聴できるので、ストレスなく見れるところもおススメです!!

ルパンの娘2 ドラマ動画の8話 予告も紹介しています!

ドラマ『ルパンの娘2』の動画の8話予告も面白いですよ♪

ルパンの娘2 ドラマ動画の8話を無料の見逃し配信でフル視聴する方法は?

ここからはドラマ『ルパンの娘2』の動画を、1話から無料の見逃し配信でフル視聴する方法について紹介していきます!

 

その方法は、ルパンの娘2 の放送終了後にも告知される公式の見逃し配信サービス『FODプレミアム』”です!

 

>>>『FODプレミアム』の初回2週間無料トライアルはこちら

無料トライアル期間2週間だけの利用なら0円!!

 

違法にアップロードされた動画をハラハラしながら見なくても、『FODプレミアム』なら安全な見逃し配信を使って、安心して視聴できます!

 

さらに、FODプレミアムには “2週間無料トライアル” が付いていて、無料期間中に登録して2週間以内に解約することもできるので

『ルパンの娘2』以外の最新ドラマや過去の人気ドラマに、海外ドラマや映画まで! トライアル期間中に見れてしまいます!!

 

ですがこの “2週間無料トライアル” はいつまでやっているのかわからないので…、損しないように早めに登録してしまった方がお得です(笑)

 

>>>『FODプレミアム』の初回2週間無料トライアルはこちら

ルパンの娘2 ドラマ動画の8話の視聴率は?

ドラマ『ルパンの娘2』動画 8話の視聴率はどんな感じでしょうか?

今回 8話の視聴率 : 分かり次第更新します!

 

ルパンの娘2 これまでの平均視聴率⇒ 6.02%

 

Sponsored Link  
 

ルパンの娘2 ドラマ動画の8話を予想!

 

30代 女性 :

ルパンの娘2 ドラマ動画の8話の予想: 美雲は記憶を消すスプレーをかけられましたが、しっかりとそれを回避しました。

なので、6話でLの一族が生きていること、そして華に会ったことも覚えてしまっています。

だから、7話では6話以上にLの一族を追いつめるでしょうし、和馬を苦しめると思います。

Lの一族の居場所を突き止めるためには和馬を利用するのが1番です。

なので、仕事を終えて帰ろうとする和馬を尾行するでしょうし、和馬の持ち物などからLの一族の証拠を見つけようとするでしょう。

でも、きっと大丈夫。6話のように7話でも、お父さんは美雲がやりそうなことを予想して、先回りして危険を回避してくれるはずです。

 

40代 男性 :

ルパンの娘2 ドラマ動画の8話の予想: Lの一族が生きているとはっきり分かったので和馬に対する美雲のマークが激しくなる事は間違いないでしょう。

和馬のことですから何かしら失敗してしまい美雲に付け入る隙を与えてしまうような気がします。事件パートは偽のLの一族が現れ殺人事件を起こすようです。

今のところ美雲以外には存在はバレていませんので、どうやって始末をつけるのかが重要なポイントとなりそうです。

世間に生きていることが発覚しそうになり家族がバラバラになるピンチになりそうで華の様子が気になります。

和馬や杏と別れなければいけないと考えてしまうのではないでしょうか。そして美雲と華は再び相対する場面が来る気がします。

 

>>>『FODプレミアム』の初回2週間無料トライアルはこちら

ルパンの娘2 ドラマ動画の8話の見どころは

30代 女性 :

ルパンの娘2 ドラマ動画の8話の見所: 見どころはやっぱり美雲がどんな風にLの一族を追いつめていくかです。

今までだって、Lの一族を捕まえようとする人はたくさんいました。しかし、そんな人間とは北条家はレベルが違います。

推理力もありますし、すでに情報だって掴んでいます。それに1番はLの一族に家族を不幸にされたという恨みが美雲にものすごいパワーを出させています。

6話でやっとLの一族が生きているという証拠を掴んだので、あとは居場所を突き止めて、捕まえるだけです。

このチャンスを逃したらもう二度とチャンスはないかもしれないと考えると、美雲はそろそろ勝負に出るでしょう。

しかも、和馬への想いは6話でしっかりと恨みや憎しみに変わったので、美雲を思いとどまらせるものが1つもありません。

7話で美雲がどんなことを仕掛けてくるのか、どうやってLの一族を追いつめるのかが1番の見どころだと思いますし、とても楽しみにしています。

 

40代 男性 :

ルパンの娘2 ドラマ動画の8話の見所: 杏のLの一族としての才能が発揮され始めましたが、7話では学芸会でマツを演じる事になります。

当人から役について指導を受けることになるでしょうからますます泥棒の能力が目覚めるのではないでしょうか。

華はより複雑な心境になるのは間違いなさそうです。ただし杏は和馬の娘でもあるのでどこかしらで警察官としての能力を見せるような気がします。

杏に秘められた能力は今後の楽しみです。また冤罪を晴らすためにいろいろと動き回るでしょうがその中で美雲が障害となることは確定的でしょう。

それをどんな方法でごまかしていくのかもドラマの見所となりそうです。

美雲が和馬と華に割って入ることはなくなりそうですが、彼女の存在が面倒な事となるでしょうね。

 

◆ルパンの娘2 これまでのネタバレや視聴率は?

>>> ルパンの娘2 ドラマ動画とネタバレ・視聴率はこちら!

 

ルパンの娘2 ドラマ動画の8話のネタバレを紹介!

 

ドラマ『ルパンの娘2』8話のネタバレを紹介していきます♪

  

>>>『FODプレミアム』の初回2週間無料トライアルはこちら

無料トライアル期間 2週間だけの利用なら0円!!

 

ドラマ ルパンの娘2 8話のネタバレはここまでになります!次回もお楽しみに~

 

Sponsored Link  
 

ルパンの娘2 ドラマ動画の8話までの感想

30代 女性 :

ルパンの娘2 ドラマ動画の8話までの感想: 最初から最後までハラハラドキドキする回でした。

美雲はLの一族のせいで家族が不幸になったと完全に思い込んでしまっているので、自分を失うほどLの一族を攻撃します。

ちゃんと落ち着いて話し合うことができれば、ここまで大変なことにはならなかったと思うと残念でなりません。

そんな中でお父さんが美雲の家に忍び込んで捕まってしまった時はとても怖くなりましたし、

これからLの一族はどうなってしまうのだろうと不安になりました。でも、さすがはお父さんです。

美雲よりも、すべてお父さんの方が上でした。ちゃんと目的を果たして逃げ出すことに成功。

やっぱりLの一族で1番カッコイイのはお父さんです。あと、6話で1番驚いたのは杏が泥棒を撃退したシーンです。

やっぱり、杏にも自然と遺伝というか、泥棒らしい動きが備わってしまったのでしょうね。やっぱり杏も泥棒になる運命なのかもしれません。

 

40代 男性 :

ルパンの娘2 ドラマ動画の8話までの感想: 美雲のLの一族に対する執念が強すぎて悪い意味で目立ってしまいました。

確かに登場したときから目の敵にしていましたが、自分の不幸をすべてLの一族の性にしてしまうのどうかと感じます。

優秀だけど隙だらけで愛嬌のあるキャラだったのが崩れてしまったのが残念です。

今回の問題のほとんどは美雲でしたが、尊の思惑を読みきれなかった華と渉も危機を招いてしまったようです。

いずれにせよ美雲が華と対決した事でLの一族が生きていることがバレてしまったことはこの後のストーリーの大きく響く事になるでしょう。

いつものように細かいところまで工夫していましたが、笑える要素が少なくシリアスなストーリーとなってしまってドラマの魅力が薄れたように思います。

 

>>>『FODプレミアム』の初回2週間無料トライアルはこちら

ルパンの娘2 ドラマ動画の8話のあらすじについても!

ドラマ『ルパンの娘2』8話のあらすじの一部を紹介しています。

三雲華(深田恭子)は娘の杏(小畑乃々)に自分たちが“Lの一族”だと知られてしまった。

 

一方、盗賊団が抱える殺し屋ナターシャ(太田莉菜)の凶刃に倒れた桜庭和馬(瀬戸康史)は警察病院に運び込まれる。

 

典和(信太昌之)と美佐子(マルシア)、娘の杏、そして事件現場から付き添った北条美雲(橋本環奈)に見守られる和馬。

 

しかし、実は生きていて強盗殺人を犯したと世間を騒がせている“Lの一族”である華たちが和馬のもとへ駆けつけることはできない。

 

ただ祈ることしかできない華たちだったが、その願いも虚しく和馬は心肺停止状態に…。

 

絶体絶命の窮地に追い詰められた“Lの一族”。渉(栗原類)は、なぜ自分たちが“Lの一族”であることを杏に教えたのだと尊を責める。

 

しかし、尊は何も告げずに三雲家を出て行ってしまう。

ルパンの娘2 公式サイト引用

 

>>>『FODプレミアム』の初回2週間無料トライアルはこちら

 

◆ルパンの娘2 これまでのネタバレや視聴率は?

>>> ルパンの娘2 ドラマ動画とネタバレ・視聴率はこちら!

 

※このページの情報は2020年12月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。[PR]