麒麟がくる 動画の13話を見逃し配信でフル視聴!視聴率も紹介

川口春奈さんの帰蝶にも注目の大河ドラマ『麒麟がくる』動画の13話を、見逃し配信でフル視聴する方法を紹介しています!

 

いま問題になっている、違法にアップロードされた動画を探さなくても

安心して『麒麟がくる』動画の13話をフル視聴できます♪

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

CMなしの高画質で視聴できるので、ストレスなく見れるところもおススメです!!

麒麟がくる 動画の13話 予告も紹介しています!

ドラマ『麒麟がくる』の動画の13話予告も面白いですよ♪

麒麟がくる 動画の13話を見逃し配信でフル視聴する方法は?

ここからはドラマ『麒麟がくる』の動画を、1話から見逃し配信でフル視聴する方法について紹介していきます!

 

その方法は、麒麟がくる の放送終了後にも告知される公式の見逃し配信サービス『U-NEXT』”です!

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

無料トライアル期間 31日だけの利用なら0円!!

 

違法にアップロードされた動画をハラハラしながら見なくても、『U-NEXT』なら安全な見逃し配信を使って、安心して視聴できます!

 

さらに、U-NEXTには “31日間無料トライアル” が付いていて、無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるので

『麒麟がくる』以外の最新ドラマや過去の人気ドラマに、海外ドラマや映画まで! トライアル期間中に見れてしまいます!!

 

ですがこの “31日間無料トライアル” はいつまでやっているのかわからないので…、損しないように早めに登録してしまった方がお得です(笑)

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

麒麟がくる 動画の13話の視聴率は?

ドラマ『麒麟がくる』動画 13話の視聴率はどんな感じでしょうか?

前回の視聴率 : 14.6%

 

麒麟がくる これまでの平均視聴率⇒ 15.43%

 

麒麟がくる 動画の13話を予想!

50代 女性 :

麒麟がくる 動画の13話の予想: 美濃大名の土岐頼芸が鷹で斎藤道三を倒そうとしている?その謀をしくんだのが織田信長の妻か?

鷹の爪に毒を仕込んで、遠まわしに斎藤道三の側近を倒した信長の側近の帰蝶。

そして、十兵衛の元についに木下藤吉郎、後の豊臣秀吉が登場するが、利政に鷹を送り暗殺しようと試みたが、

失敗に終わり結局、暗殺に報復するため、土岐頼芸と利政の戦開戦のきっかけを作るのではないかと思う。

織田信長が家督を継ぐのに完全に全てを掌握できない事に苛立ちを覚えているため、それに対して妻の帰蝶が戦開戦のきっかけを画策するそんな流れになりそうだと思います。

十兵衛はこれに対しどのように動いてゆくのか葛藤の中で苦しみそうですね。

 

40代 女性 :

麒麟がくる 動画の13話の予想: 美濃では斎藤利政と土岐氏の対立が顕在化してきたことで、

土岐氏と近い利政の息子義龍も利政と対立していき、斎藤氏全体が二分化していきそうです。

光秀はその中でうまくその二分化をおさえようと奔走するのではないでしょうか。

織田では信秀が亡くなったことで信長が当主となるが、弟・信勝やその母親、さらにはそれ以外の一族とどう付き合っていくか…

信長は強引に他の者をねじ伏せて行き、それを必死で支える帰蝶という構図になりそうです。

駒や東庵は美濃や三河に立ち寄るなかで、昔駒を助けた者が誰だったのかが分かったり、三河でも新たな出会いがありそうな予感がします。

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

麒麟がくる 動画の13話の見どころは

50代 女性 :

麒麟がくる 動画の13話の見所: やはり、織田信長の家督継ぎにあたっての内紛になるところでしょうか?

信秀からの信頼を一身に集めたいはずが家督を分散化される事によって、父親から信長自身への信頼に対しての葛藤のような怒りがどうなってゆくのかでしょうか?

信長の日本統一への原点にもなっているように思います。

また、利政(斎藤道三)と土岐頼芸とを戦わせることによって戦力を半減させ、織田信長の戦を有利に運ぼうと画策する妻の帰蝶の動きが1番の見どころではないかと思います。

帰蝶の十兵衛に対する微妙な思いも感じられますが、気持ちをも戦に利用して、戦国時代が実は女性が謀をして戦略の一手を担っていたのが見どころではないでしょうか?

 

40代 女性 :

麒麟がくる 動画の13話の見所: 光秀の周りでは斎藤氏と土岐氏の対立が進む中で、光秀がどちら側につくのか、もしくはどうそれを治めていくのかが楽しみです。

それによって今までの利政の小間使いから新たな立場へと変わっていきそうです。

織田家では当主が代わったことで新たな争いなど、信長の周りが騒がしくなり、

今まで表には出てこなかった人物が出てきたり、新たな人物、藤吉郎とかもやっと出てきそうで楽しみです。

また駒が美濃に行ったときに、恋い焦がれていた光秀とどう再会するのも注目しています。

さらに太夫の頼まれ事で三河にも行くので、今川側の義元や人質になっている竹千代も再登場しそうで楽しみにしています。

 

こちらで最新ドラマ動画の見逃し視聴方法をまとめてます!

>>> ドラマ動画の見逃し配信や視聴率も紹介!

 

麒麟がくる 動画の13話のネタバレを紹介!

ドラマ『麒麟がくる』13話のネタバレを紹介していきます♪

  

天文21年
 

自分を暗殺しようとした道三は、頼芸を殺すと怒り狂う。

 

頼芸のも息子である高政だが、道三ではなく頼芸に付くと言い、十兵衛を誘う。

  

このことを部屋に入って考えこむ十兵衛。熙子はそんな十兵衛を見て心配になり、牧に相談する。
 

牧は気にする様子もなく、ほうおっておけばいい。

 

考えぬいた十兵衛は道三の元に話をしにいく。
   

十兵衛は鉄砲の話がると嘘をついて道三と会い、頼芸と戦っても民は誰も喜ばない。

 

自分も戦うべきか迷っていると正直に話す。

 

これを聞いた道三は千布を振りながら十兵衛に、高政はどっちに付くのかと聞く。

 

道三は、みんな自分のことが嫌いなのかといい、十兵衛は正直に嫌いだとこたる。しかし道三には多くの恩があるため、弓は引けないと泣きながら訴える。

  

すると道三は、初めから戦をするつもりなどなかったといい、その変わり、頼芸には出ていってもらうという。

 

そして、これから先のために国衆に勝を入れるために戦をすると話したという。

 

道三は戦で使われ始めた鉄砲をかまえ、引き金を引いて見せる。
  

そして十兵衛にやって欲しいことがあるといい、鉄砲隊をつくり十兵衛に式をして欲しいという。

 

しかし十兵衛は、頼芸には出て行ってもらうというのは本当でしょうかと訪ね、道三は穏やかにこの国を出て行ってもらうといって出て行く。

   

一方、頼芸が鷹狩りにでていく準備をしていると、頼芸の鷹はすべて殺されている。

 

これをみて泣く頼芸。そこに高政がきて道三が戦を企てていると話す。それを聞いた頼芸は家来に馬を連れてくるようにいい、逃げ出してしまう。

 

高政は深芳野と遊んでいる道三の元に怒鳴り込む。

  

怒る高政に口を慎めという道三。

 

高政『誠の父上を失ったのじゃ!この高政には、もはや父上はおらんのじゃ!!』

 

これに笑いながら、誠の父は私だという道三。
 

深芳野は、血迷うなと怒鳴り、高政の父上は道三だといって高政を抑える。そして詫びるように高政の頭を下げさせる。

 

道三『そろそろ家督を譲ろうと思っておったが』

   

その頃、三河の国境付近で東庵と駒が話している。

 

東庵は駒に、美濃によらなかった理由を訪ねる。駒は東庵の考えていることが分からないという。

 
  

一方、駿河の今川は尾張に攻め入るために進軍していた。

  

そこに荷物をいっぱいしょって笑う藤吉郎。駒にこのれはなんと読む?といって駒に本を読んでもらう。

 

藤吉郎は織田の今の事情を笑いながら話、急に木に登り始める。

  

その後、尾張では、信長の家老が切腹する。

 

帰蝶は戦帰りの信長の元に行く。信長が着替えると、帰蝶は道三からの手紙を渡す。

 

道三は信長に会いたいと手紙を送った。

 

信長は敵だらけの自分と何故に会いたいのかと考え、道三は自分の命を狙っていると勘ぐり、断るという。

 

これを聞いた帰蝶は、断れば自分は美濃に戻らなければ行けなくなると話す。

   

その夜。帰蝶は膝枕しながら信長に伊呂波太夫の話をする。

 

翌日、帰蝶はお忍びで太夫に会いに行く。太夫は信秀に助けられたという。

 

帰蝶は急ぎで戦の兵と鉄砲を集めてほしいと頼む。しかし太夫は断る。帰蝶は太夫の前に金を出す。

  

その頃、光安と十兵衛は道三に呼ばれて城にいく。
 

道三は信長に会ってみようとおもったが、信長に尾張の寺で会うことになったといい、十兵衛に共をするように頼む。

 

道三は信長に殺されるのではないかと勘ぐる。

 

道三は十兵衛に、信長を殺すかどうかは、会ってみてから考えるという。

   

その後、十兵衛は光安に、帰蝶から手紙が届いたといい、光安に見せる。

 

十兵衛『この文には、信長さまを、良しなに頼む。と、それだけかいてありました』

  

天文22年4月。

 

帰蝶は道三が好みそうな服を着るように信長にいう『これは、私と父上との戦じゃ…』

  

道三は寺の近くで信長を待ち伏せ。十兵衛に信長をみたらすぐに教えろといい、つまらない男ならすぐに切るという。

 

道三は信長の鉄砲隊をみて驚く。信長は鎧を着ることなく馬の上で何かを食べている。
 

その姿を見て見を見張る十兵衛。

  

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

無料トライアル期間 31日だけの利用なら0円!!

 

ドラマ 麒麟がくる 13話のネタバレはここまでになります!次回もお
楽しみに~

 

麒麟がくる 動画の13話までの感想

50代 女性 :

麒麟がくる 動画の13話までの感想: 十兵衛(後の明智光秀)が煕子と婚姻してめでたいムードの中にあった頃、

既に不穏な状況が少しづ訪れているのが伝わってきて、喜ぶ中にも緊張のはしる内容だったと思う。

心優しく美しい煕子が十兵衛の元におとずれて2人が幸せそうだった頃に、

織田家では信秀があとわずかの命と分かって、信長に家督を託そうとしている時でしたが、帰蝶の動きが怪しかったです。

斎藤道三に鷹が贈られたのですが、爪に毒が仕掛けられていて側近が死んでします。このシーンが一番印象的でした。

大名暗殺そのものだったので驚きでした。信長の妻の帰蝶恐ろしい妻ですね。今後の帰蝶の動きもほかの武将達の動きとは別に一番気になるところです。

 

30代 女性 :

麒麟がくる 動画の13話までの感想: 光秀がいきなり煕子にプロポーズしたのはびっくりしました。

確かに惹かれていたのは光秀も自覚していたけれども…ただこの思いきりの良さが後の「本能寺の変」の時の決断に繋がるのかなぁ~と思って見ていました(笑)。

また信秀の沙汰に納得がいかなくて愚痴ばかりこぼすような信長の精神的な不安定さを補う、

帰蝶の芯の強さに心奪われました。あんな強く優しい妻がいたら心強いだろうなぁ、と信長を羨ましく思いました。

ふつう、旦那のあんな状態見たら、ため息ついて旦那に幻滅するだけだろうとは思いますが…

これからの天下取りに向けての二人の関係性がどうなっていくのかが楽しみになるシーンでした。

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

麒麟がくる 動画の13話のあらすじについても!

ドラマ『麒麟がくる』13話のあらすじの一部を紹介しています。

暗殺を企てた頼芸(尾美としのり)を攻めると息巻く道三(本木雅弘)。

 

高政(伊藤英明)は、戦になったときには実の父と慕う頼芸側につくと明言し、光秀(長谷川博己)にも決断を迫る。

 

道三を訪ね、この戦は身内同士が殺し合う、国をほろぼす戦になると訴える光秀。

 

すると道三は、本当は戦をするつもりはなく、頼芸は追い出すが、あくまでもこれは国衆にカツを入れるための芝居だったと白状する。

 

その一方、頼芸を総大将に担ぎ出すべく鷺山城に集まる高政らの目前で、頼芸は恐れをなして早々に逃げ出してしまう。

麒麟がくる 公式サイト引用

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

こちらで最新ドラマ動画の見逃し視聴方法をまとめてます!

>>> ドラマ動画の見逃し配信や視聴率も紹介!

 

※本ページの情報は2020年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。