原辰徳の息子の店はレストラン?学歴や逮捕の噂は本当?

原辰徳監督の息子さんをご存知でしょうか?学歴は大学中退、更に逮捕されたという噂や店を経営していてレストランをやっている等、さまざまな噂があります。

 

しかし本当に原辰徳の息子は逮捕されているのでしょうか?学歴や経営している店はレストランなのかという噂と合わせて調べていきます!

 

原辰徳監督は良い意味で有名ですが、息子の原嘉宏(はら よしひろ)さんは悪い意味で知名度が高くなってしまってますよね。なぜそんな噂が広まってしまったのでしょうか?

Sponsored Link  
 

原辰徳の息子の店はどこ?

原嘉宏さんは「麻布十番 嘉(YOSHI)」という創作フレンチレストランを営業していました。麻布十番に2015年12月12日から同店をオープンしており、コンセプトは「箸で食べる割烹フレンチ」。おしゃれな感じがしますね。

 

更に現在では銀座に移転して「銀座 嘉」という名前のお店になっています。

 

 

麻布十番の店は12:00~14:30のランチタイムと17:00~23:00のディナータイムに営業していましたが、現在はランチタイムの営業をやめて閉店が23:30になっています。

 

 

前の店は麻布十番駅1番出口から徒歩3分、現在の店は東京メトロ銀座C2出口から徒歩3分と、どちらも好立地です。ただ、クチコミでの予算は4万円~5万円とかなり高め。なかなか気軽には足を運べない高級レストランですね・・・

原辰徳の息子はレストランを経営してる?

前述の通り原嘉宏さんは「銀座 嘉」という創作フレンチレストランを営業しています。

 

それ以前には大学中退後「AKS」というAKB運営会社の芸能プロダクションに入社しましたが、無断遅刻や無断欠勤を繰り返しクビになっています。

 

 

その後は「株式会社MAMIRO」というワインの輸入などを行う会社を企業。こちらは原辰徳さんが息子の原嘉宏さんのために企業資金を出資したと言われています。

 

そして、ワインの繋がりからか創作フレンチレストランをオープンするに至っています。これまでことを知ってしまうとレストランも長続きするか不安になりますが…。

 

ちなみに麻布十番のときの口コミ評価は平均3.59、銀座の現店舗の口コミ評価はまだ1件ですが3.8とやや高めですので、味はしっかりしているのでしょう。

 

Sponsored Link


原辰徳の息子の学歴は?

原嘉宏さんの学歴を調べたところ、幼稚園から大学までずっと慶應義塾に通っていたそうです。

 

原辰徳さんの息子さんなのでやはり小さい頃には野球をやっていたのですが、野球は向いていなかったようでプロを目指すことはありませんでした。

 

 

また、慶應義塾大学に通っていましたが、それも中退してしまい、しばらくはニートをしていたとのこと。大学時代はかなりの遊び人だったようで、六本木のクラブに通ったり女遊びが激しかったそうです。

 

 

慶應義塾は幼稚舎に入ると、そこから成績を問わず大学までエスカレーター式で進学できるので、大学入学まではできたようですが、遊んでばかりで卒業できなかったんですね。

 

なので最終学歴としては慶應義塾高等学校卒業でしょうか?ご両親が学費を出していたのだったら勿体ないですね・・・

原辰徳の息子の逮捕や薬の噂とは

原嘉宏さんには薬物で逮捕されたという噂があります。実際、2018年4月に薬物の疑いで家宅捜索や尿検査をされていますが、結果として薬物は見つからず、尿からも検出されませんでした。

 

それが今更なぜこのような噂になったかと言うと、沢尻エリカさんの薬物所持での逮捕が関係しています。

 

逮捕を受けて2019年11月17日に放送された「サンデージャポン」にて、芸能人や有名人で芋づる式に逮捕される可能性がある人物を個人名は伏せて予想されていました。

 

そのときにコメンテーターの山田美保子さんが列挙した有名人の中に、「某プロ野球選手の息子さん」という人物がいました。

 

これが恐らく原辰徳さんの息子さんであろうとなり、前述の家宅捜索の件とも合わさって噂が広まったようです。

 

Sponsored Link


原辰徳の1億円事件の真相とは

原辰徳さんが暴力団関係者に1億円を渡していたという事件がありましたね。

 

原辰徳監督が現役だった1998年にいた愛人が妊娠し、中絶したという日記をネタに、2006年、暴力団関係者が原辰徳監督に対して1億円を要求したとのことでした。

 

しかし、日記には中絶を原辰徳監督から指示したという表記はなく、また暴力団関係者と報道された2人組の男は「球界関係者」を名乗っていたそうです。

 

 

ただ、そこで原辰徳監督が個人的に1億円を支払ってしまった上に、2009年に同じ男から今度は日記を返せと球団事務所に連絡があり、球団側の知ることとなりました。

 

そして緊急記者会見が開かれ、1億円を払ったことは認めながらも反社会勢力に支払った事実はないと述べられています。

 

どっちにしても愛人を妊娠させてさらに中絶という結果になっていることは変わりないようです…。

原辰徳の嫁は元ホステスで明子?

原辰徳監督には1986年11月に結婚した一般人の嫁がいます。名前は松本明子さんで、原監督よりは6歳年上です。

 

この明子さんが元ホステスという噂があるようです。しかし調べてみたところ、ホステスであるという情報は得られませんでした。

 

 

ただ、当時の明子さんがメディアに映るときの印象が派手であったことと、野球選手が夜のキャバクラで遊んでいるイメージが世間にあったため、このような噂になったのではないかと言われています。

 

1億円事件のこともあり、確かに原監督も遊んでいたのかな?とは思ってしまいますね。

 

しかし明子さんが本当にホステスだったのかも、原監督がそのようなところで遊んでいたのかも不明です。

 

Sponsored Link


原辰徳の嫁の実家がすごい?

明子さんの実家がすごいという噂ですが、こちらについては明子さんは一般の方なので極端に情報が少なく、事実は分かりませんでした。しかし、明子さんは原監督との結婚は再婚で、その前に結婚していた人がいます。

 

その方の情報も詳しくは不明ですが、かなり良い家柄でそこそこ有名だったそうです。そして、そんなお家の方と結婚できたということは明子さん自身のお家柄も良いのではないかと推測されています。

 

 

ちなみに明子さんと原監督は大学時代から交際しており、原監督が大学卒業して1年目の時点で明子さんにプロポーズしています。

 

しかし、野球選手として未来を期待されていた原監督の父親に反対されてしまい、破局。明子さんは別の方と結婚してしまったのです。

 

それでもまた2人は再開し、そのとき明子さんは既に離婚していたそうです。そこで原監督が再びプロポーズ、今度は父親の反対を振り切って結婚したそうです。ロマンチックな話ですね。

原辰徳の経歴・プロフィール

原辰徳さんは1958年7月22日生まれ、現在61歳です。身長は181cm、体重84kgと、さすがスポーツ選手といった体格ですね。生まれは福岡県大牟田市、育ちは神奈川県厚木市と相撲原市です。

 

1980年にドラフト1位でプロ入りした原辰徳さんは、1980年代から1990年代にかけて巨人の4番打者をしていました。

 

 

しかも入団から12年連続本塁打20本以上という記録を残しています。更に現役を引退されてからも監督に就任しチームを8度のリーグ優勝、3度の日本一へと導きました。

 

 

テレビやラジオで野球の解説もしてきていますが、現在は4年ぶりに第19代読売ジャイアンツの監督に就任されてその手腕を発揮しています。

 

家庭や女性関係でのスキャンダルが多いですが、野球の実力も監督としての実力も素晴らしいですね。

まとめ

今回は原辰徳さんとその息子さんの原嘉宏さんについて、学歴や店を経営しているという噂などから調べていきました。

 

実際にレストランを営業されていますがかなりの高級レストランなので普段に行く人は少なそうです。また、最終学歴は大学中退で高卒とのことです。

 

そして、父親の原辰徳さんの女癖が息子の原嘉宏さんにも影響しているのでは?と思われる部分もありましたが、

 

息子の企業資金を出資していたり学歴を作れるよう幼稚舎からエスカレーター式の学校に通わせたりと父親として息子のために頑張っている所も伺えました。

 

今後も原辰徳さんにも原嘉宏さんにも頑張って欲しいですね。

 

Sponsored Link